So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

日本一小さな来訪者 [ミュージアム]

2013-01-16
「日本一小さな来訪者」
空からの白粉がまだ屋根に残る桜ヶ丘の景色を眺めつつ館内で
作業をしていたところ、ギーと普段聞き慣れない音が耳に入ってきました。
その方向へ目を向けてみると普段見慣れぬ小鳥が・・・

日本一小さなキツツキ「コゲラ」です。
真横へ伸びた枝ををつつく姿や、枝の周りを
くるくる回りながら登っていく様子も観察出来ました。

写真では一羽ですが、この近くには
群れの仲間らしきコゲラが数羽とシジュウカラも一羽いました。

ミュージアムの近くに野鳥の森があるとはいえ、写真に収めることが出来るほど
当館の近くで見たのは初めてです。

ここ桜ヶ丘ではコゲラやシジュウカラ以外にもメジロやジョウビタキ、
ヒヨドリや大和市の鳥「オナガ」も街中で観察できます。

森の小鳥たちも遊びに来る大きな木の下のちいさなミュージアム。
「笹倉鉄平版画ミュージアム」
羽休めの憩いの場として、是非遊びにいらしてください。
お待ちしております。

版画Mブログ20130116.jpg

シャルダン展 [アート]

2012-11-23
勤労感謝の日、東京駅近くの三菱一号館美術館で開催されている、シャルダン展に行った。18世紀のフェルメールと称される、シャルダンの作品の数々、18世紀のフランスを代表する静物・風俗画の巨匠。わが国で初めてのシャルダンの個展ということで、世界中の大美術館や個人がコレクションをしていて、日本での初個展はとても贅沢な機会とのことです。2013年1月6日まで開催されている。
展覧会サイト http://mimt.jp/chardin

三菱一号館美術館に行く前に、MC FORESTという今年10月1日にオープンした三菱商事の環境保全活動や子どもたちへの支援、地域へのサポートなどを紹介するスペースを見学。丸の内エリアで開催されるイベントも紹介している企業のCSR Station、人と人との新しい交流が生まれる場所として期待しているとのこと。

11月1日にその全容をみせた「東京駅」の全体を見ることができると言われている「丸ビル」のテラスからの写真を撮る。丸の内仲通の紅葉も雨に濡れてとても風情がありました。ビジネス街の休日の風景です。
IMG_5359-3c.jpg

IMG_5383-3c.jpg




YAMAKAN ~大和市イベント観光協会機関誌に紹介されました~ [ミュージアム]

2012-11-21
大和市イベント観光協会の機関紙~YAMAKAN~に、笹倉鉄平版画ミュージアムが紹介されました。
大和市唯一の美術館ということで、もっと市民にも知って貰いたいと!

20121107-yamakan-vol3omote-3c.jpg
20121107-yamakan-vo3lura-3c.jpg20121107-yamakan-vo3lura-100mm.jpg

絶景富士山がみえる町 [散策]

2012-11-15
笹倉鉄平版画ミュージアムのある桜ヶ丘は、富士山大山が見事に重なり合う風景が見られる。
今日の夕方、天気も良く澄んだ空気の下、2枚の写真を撮りました。
iPhoneでの撮影ですが、なかなか・・・。 ある大手建設会社が引っ越した跡地がどのようになるのか心配です。いつまでも、この景色が自慢できる、この桜ヶ丘であって欲しい。

IMG_5210-3c.jpg

IMG_5214-3c.jpg

旅うらら 鎌倉・湘南ガイドマップが発売されました。 [ミュージアム]

2012-11-1
「旅うらら」鎌倉湘南ガイドマップが発行されました。
表紙は「長谷寺」が色鮮やかに飾っています。

当館より江ノ島は約40分、鎌倉は1時間ととても至近な距離にあります。
この季節、古都鎌倉と海の香りのさわやかな江ノ島の海岸を楽しんでみませんか?

旅うららのWEB版にも、当館の案内ページがありますので、ご覧下さい。
URLは、http://tabiulala.comで、P10を覗いていください。

猛暑の中、大勢の来館者に感謝! [ミュージアム]

2012-8-26
子どもたちにとって、夏休みは残すところあと少し、今日は30度を超える猛暑の中、近隣の町からも小中学生が学校の宿題で美術館訪問・・ミュージアムは大勢の来館者で賑わいました。
そのなかで、美術本の有名出版社 求龍堂さんの足立相談役のご来館がありました。奥様とご一緒でのご来館でしたが、当館の雰囲気を気に入って頂けたこと嬉しい限りです。笹倉先生のレゾネなど数冊の出版をして頂いておりますが、新しい出版は・・・鉄平ファンも期待するところです。

湘南ねぶたに行ってきました。 [散策]

2012-08-25
小田急江ノ島線・六会日大前で、25日と26日「湘南ねぶた」が開催されました。
今年16回目を迎え、夏の夜を彩る祭り、多くの人たちが詰めかけていました。
テレビでは、この時期必ずみる「ねぶた」ですが、身近で見るのは初めてで、その迫力は相当なものでした。
この祭り知人が立ち上げたもので、そろそろ後進に引き継ぎをしたいととのこと、夏の終わりを飾るこの祭りいつまでも、続いて欲しいものです。

IMG_4158-3c-nebuta-120825.jpg

ミュージアムの紫陽花 [ミュージアム]

2012-06-09
今年の梅雨入りが今日か、明日かと天気予報で言われています。
紫陽花はやはり梅雨時が似合います。シトシトと降る雨に、ミュージアムの紫陽花は
生き生きとしているようです。数種類の紫陽花が丁度咲き出しました。

P1190191-3c-ajisai.jpg

GIO GIO FACTORY/ MASA ITO ・稲村ヶ崎 [散策]

2012-05-05
版画ミュージアムに来られた関西からのお客様が、昔からのファンであった伊藤正道さんのミュージアムに態々来られたとの話を聞きました。その伊藤さんが今年2月に若くしてなくなられ、その展示会が6日まで会期で開催されていることで、いてもたってもおられず、こどもの日5月5日に「GIO GIO FACTORY」を尋ねました。
会場内、作家伊藤さんがお一人で切り盛りしていたとのお店の方のお話を聞き、あまりにも早いご逝去を悼む会話が会場内で聞こえてきました。子どもから大人までみんなに愛されていた、心癒やされる作品が展示され、作家さんのこれからについても期待の大きさが無念さになっている感じでした。
生前に、8月からの展示まで用意しておられた展示会案内がその部分がボールペンで消されていたのが、何とも言えない気持ちになりました。ご冥福を心からお祈り申し上げます。

P1190085-giogio-3c.jpg P1190091-giogio-3c.jpg

P1190096-giogio-3c.jpg P1190086-giogio-3s.jpg

八重桜の花吹雪が楽しめます [ミュージアム]

2012-04-28(土)
道行く人たち、来館者が楽しんだ笹倉鉄平版画ミュージアムの八重桜も
今が満開、花吹雪が楽しめる状態です。
朝、桜花の下は、まさに花の絨毯、あまり強い風が吹かなければと案じています。

IMG_3283-4c.jpg
前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。