So-net無料ブログ作成
検索選択

歴史的瞬間は! スカイツリー338mに [散策]

版画ミュージアムのスタッフが、墨田区に建設中の東京スカイツリーが、東京タワーの高さを超えた歴史的瞬間に出会った。それも隅田川の船上から偶然の出来事であった。
テレビ各局でその様子を伝えていたが、隅田川よりのBest Shotは有ったかな?ビルの高さとの比較がおもしろい。

P1120237-s-tree-200.jpg P1120250-stree-200.jpg

伝説の摺師 [版画アート]

昨日、渥美セリグラフィの代表、渥美 博さんが、笹倉鉄平版画ミュージアムを訪れた。何年ぶりかの来訪再会である。版画の技法のひとつであるシルクスクリーンの制作を手作業にこだわる日本でも貴重な摺師である。分色の段階から、なんと職人技のオンパレード、その色は多い作品では130色にものぼる。見当も付かない複雑な計算が必要だ。それは、全て彼の頭のなかに詰め込まれいるノウハウに依るものだ。今回、版画芸術と月間美術3月号に、渥美セリグラフィの広告がのっている。笹倉鉄平版画作品「ゲトライゼ通り」の制作過程31版、53版、72版の写真が載っている。本物のシルクスクリーンとは、見応えの有る作品は、ぜひ、彼の手による作品を笹倉鉄平版画ミュージアムでご覧下さい。今、10年前に彼が手がけた、笹倉鉄平作品「ブルージュの船着き場」がミュージアムに飾られています。その作品の前のでショットです。当館では今、笹倉鉄平20年の軌跡Ⅱを開催中で、4月26日までこの作品はご覧頂けます。
P1040399-atsumi-100310-200.jpg
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。